果たしてどっち?注文住宅と分譲住宅あたなのニーズを満たすのは?

注文住宅のメリットとデメリット

注文住宅は、間取りから壁紙の色、コンセントの位置など細部にわたるまで自分の思い通りに設計できるのが最大のメリットです。自分自身の考えで設計された家は完成後も大きな満足を得られることでしょう。 一方、デメリットとしては、設計中に色々な打ち合わせをしなければならず、時間と体力が割かれることです。また、設計をしているうちに欲が高まり、当初計画していた予算をオーバーしてしまうこともよくあることです。なお、注文住宅を建てる場合には土地探しから入らなければなりません。多くの土地は建築条件つきの土地ですので、土地を決定した時点でハウスメーカーが決まってしまうことが多いです。自分のお気に入りのハウスメーカーにて家を建てる場合は建築条件がない土地を探す苦労があります。

建売住宅のメリットとデメリット

建売住宅の場合は、完成品を見て購入できますので安心感があります。また、既に設計が完了している物件を購入するため、コストが決まっていて購入手続きが比較的簡単になるのもメリットです。なお、既に家が完成していますので、すぐに引っ越しができるのもメリットです。
一方、デメリットとしては間取りや設備などが自分の好みではない場合があることです。建売住宅の場合は、ある種モデルルーム的な扱いで先行して建設されますので、数年後には同じ外観の建物が周囲に並ぶことも考慮しなければなりません。建売住宅の場合は、着工時からの建設の様子を見ているわけではないため、しっかりした工事が行われたのかどうかが不安になることもあります。

住宅に住む場合、購入か賃貸かの選択を迫られます。購入を決めた場合は一戸建てなのか、集合住宅なのかが次の選択です。集合住宅のように、あらかじめいくつも同じような形で建設された住宅を分譲住宅と呼びます

© Copyright Large Living House. All Rights Reserved.